So-net無料ブログ作成
オーディオのこと ブログトップ

-ALO Sony Line Out Dock Cable- [オーディオのこと]

ALO audioから発売された。ウォークマン用のラインアウトケーブル「Sony Line Out Dock Cable」が届きました。



まだ日本国内ではなかなか扱ってるショップがなく、扱ってるショップを探すのが大変でした。

当初はALOのオンラインストアから個人輸入しようかとも思ったんですが、送料など含めると国内での定価をオーバーしてしまうので諦めました。

ウォークマンのWM-PORT用なので、当然iPodの用の物と比べるとコンパクトです。ケーブルは24 AWGケーブルを4本使っていて、すべてが銀メッキ処理されています。ミニプラグ部はノイトリック製プラグです。FEPテフロン加工された皮膜を使用しています。



作りは非常にしっかりしていると思います。さすがALO audioといったとこでしょうか。

早速聴いてみた感じです。NW-A847に同じALOのRx ampで聴いてみた感じです。
音質は中域~高音域が非常に良く、クリアでメリハリの効いた音になる感じです。自分の所有してるウォークマンの中ではNW-A847での使用時に一番音質upを感じました。この中域~高音域の鳴りは凄いです。これはちょっと意外でしたね。

ただやはり価格が・・・もう少しリーズナブルになって欲しいです。

そして次はスマートフォンの事なんですけど・・・

今これ使ってます。



前の記事で「Xperia?別にそんな欲しくないし」みたいな事を言っていた気がするんですが・・・買ってしまいました。すでに1週間使っています。

まぁ買ったには理由がありまして、地元の携帯ショップのオープニングセールで、ドコモを10年以上継続使用してる人のみ各色5台バリュー一括15800円!!で販売しますと。

ショップオープンが午前10時で、この情報を友達が教えてくれたのがお昼くらいでした。ダメ元で即行で行ったら見事ブラックの最後の1台をゲットできたわけです。(10年使用の条件のおかげかも)

T-01Aに比べると動作安定してるし、使い易くて大満足です。
電池の持ちも非常に良いです。(T-01Aと比べて)

もう手放せませんXperia。

-ヘッドフォンスタンド- [オーディオのこと]

先日頼んでいたedition8用のヘッドフォンスタンドが完成しました。



材質はオールアクリル製です。
ふと思ったんですが、このスタンドはショップなどで使われてるヘッドフォンスタンドと同じ物ですね。見た事ありますよ確か。

で普通はこれで完成終わり。なんでしょうが自分は、上から同じアクリルのカバーで被せられるようにして、ヘッドフォンを使用していない時はインテリアとして楽しめるようにしたかったのです。(ホコリなども防げます)



どうでしょうか?非常にいい感じだと思います。
edition8が映えますね。
もう眺めてるとニヤニヤが止まりません(笑)。

大満足です。市販品のヘッドフォンスタンドは正直なかなかいいのが無い状況でした。また頼みたいくらいです。

イヤフォン用の物も作りたいくらいです。

-edition8 Ruthenium- [オーディオのこと]

まさに究極。ULTRASONEの「edition8 Ruthenium」です。



当初は「edition8 Palladium」の方を購入しようと考えていたのですが、去年12月発売から今年の2月発売と延期してしまったので「edition8 Ruthenium」にしました。両者の違いはイヤカップの材質です。価格はPalladiumの方が割高です。

パッケージにRutheniumのシールが貼ってあります。シリアルナンバーは800番台でした。1000は超えてるかと思いましたが。

購入したのは去年大晦日でした。コミケ帰りという・・・
やっとこさ記事にします・・・

ちなみに去年の散財で一番高かった物でした。(夜の仕事頑張ったよホント)

パッケージ開けると思ったより簡素な感じです。
(HD800とか凄いからね)



付属品はキャリングバッグ・6.3mmステレオプラグ変換アダプター・4.0m USC OFC延長コードです。



キャリングバッグは中がレッドのスキンになっていて高級感があります。ヘッドフォンの保護も十分でしょう。



edition8のコンセプトは「最高の音を携帯するためのヘッドフォン」という在り方となってます。ケーブル長が120cmというのもポータブルユースではベストです。

ウォークマン直挿しでも十分音量取れるので、問題なく使う事ができます。と言ってもedition8を活かしきるには、それなりの環境があった方が更に良くなると思います。

自分の環境だとA847+Mini3でしょうかね、D2 Boaだと音のキレが強過ぎる感じがして曲によっては「おや?」と思う事もありました。X1060だと直挿しでの相性が良い気がしました。演奏している各楽器を繊細に鳴らしてくれます。レコーディングレベルの高いCDを聴くと尚更実感できるでしょう。とにかく解像度が凄いのとフロントからの音のラインを感じ取れるので聴いていて楽しいです。edition8で聴いてるとニヤついてしまいますね、まだ50時間くらいしか鳴らしてないので今後変わっていくと思います。

実は自分のポータブル環境での音質で、CDウォークマンD-E01に直挿しで聴いた時が一番良かったです。ただ今更持ち歩こうとは思えないで・・・

実際購入してみて良かったと思います。音楽を聴く楽しみが増しましたし、外でこの音質を楽しめるのは至福な事だと思います。
まぁ自分は通勤時などはイヤフォンメインになるでしょうけど、旅行・出張などで長距離移動時などは重宝しますね。

そしてedition8用にヘッドフォンスタンドが欲しいと思ったんですが、お店で見ても中々いいのがありません・・・悩んだあげく特注で頼みました。アクリル製でヘッドフォンをディスプレイできるような物が欲しかったので、まぁ完成したらご報告します。

最後にこれでUE11Pro・JH13Proが遠のいてしまいました・・・

-初ヘッドフォンとミオフルエンザ- [オーディオのこと]

先日に友達がヘッドフォン買った影響で自分も欲しくなり、アキバへと買いに行って来ました。

いくつかお目当てのモデルを試聴して「ULTRASONE」の「HFI-580」というモデルにしました。



ドラマーやベーシストのスタジオモニタリングに適したモデルと記されてます。iPod nano 4thにポタアンかまして試聴してたんですが、非常に下から力強く鳴らしてくれるので自分に合いました。

デザインもメタリックが映えて非常に良く満足しています。



まぁこのモデルが初ヘッドフォンになりました。

それからNW-X1060にポタアンかますと、どんな感じになるのか気になっていたのでウォークマン用のWM-PORTラインアウトケーブルを製作依頼しました。

巷では「ミオフルエンザ」が流行ってるみたいで感染しないようにしたいところです。(知り合いで1人感染しています)

普段は売れない左利き用のベースがバカ売れで2年分を追加発注したとか、アニメでモデルになった楽器屋さんJEUGIAの三条本店に巡礼に訪れるとか、ニュースになってて凄いなとか思いました。

ミオフルエンザに感染してる友達が言うには「4種の神器を揃えてこそ」とか言いはってましたよ。

・フェンダージャパンジャズベース JB62-LH-3TS
・ベースアンプ BMC20CE
・ヘッドフォン AKG K701
・携帯電話 NTT docomo D902iラスターホワイト

あーなるほど、すべてアニメで本人が使用してる物なんだと。
すべて揃える気なのかどうかは?ですが・・・
(でも見てて楽しそう~)

-澪ホン買っちゃったよ- [オーディオのこと]

友達がね。

今日の仕事終了間際に友達からメールきて「ヘッドフォンを買いたいから付き合ってくんない?」と、もちろん「いいよ。ところでどんなモデル買うの?」と返信したところ・・・

「AKGのK701だよ。」

自分はもうこれで吹いてしまいました(笑)。

澪ホンじゃねーかよ!!

「けいおん!」見てる人なら分かる方いると思いますが、澪がプライベートで使っているヘッドフォンの事です。



AKG K701



でもこのK701は、けいおん!効果で結構マジで売れていて売り切れてるお店が多いはずなんですけど、友達はすでに取り置きしてて買う気まんまんでした。

ちなみにお値段は「62800円」ナリ。オタクパワーすげー!!なんて思いました。でも気持ちは分かるよ自分もね。

次は澪の愛用のベース買うなんて言い出したらどうしよう(笑)。

Fender Japan JB62 3TS これのレフティ仕様が澪のですね。



でも何か友達がヘッドフォン買ったの見てて、自分も欲しいなーなんていろいろ試聴してました。
自分はヘッドフォンて1個も持ってないんですよ。
すでに気になるモデルチェックしてたりします。

週末あたり、またお店行きそうな予感です。

-さようならLDプレーヤー- [オーディオのこと]

パイオニアがLDプレーヤーの生産終了を発表しました。

(AV Watchの記事より)
パイオニア株式会社は14日、レーザーディスク(LD)プレーヤー事業について、今後「DVL-919」、「CLD-R5」、「DVK-900」、「DVL-K88」の4機種、合計約3,000台をもって生産を終了すると発表した。
 同社は'81年10月以来、日本国内で累計約360万台のLDプレーヤーを販売してきたが、「DVDやBlu-ray Discなどの新たなメディアが市場に定着する中、生産に必要な専用部品の調達が困難となってきたため、やむなく生産を終了することになった」という。

 修理対応は、今後も修理に必要な部品の最低保有期間(機種ごとに生産終了時を起点として8年間)は継続され、それ以降についても必要な部品在庫がある場合は修理対応するとしている。

 同社のLDプレーヤー事業関しては、2002年5月に撤退を検討していたが、利用者から事業継続の要望が数十件寄せられ、同年7月に製造・販売を続ける方針を発表していた。2002年5月時点の国内出荷も約360万台。

アニメや映画が好きな方ならLDプレーヤーを持ってる(てた)方は多いと思います。自分もLDプレーヤーはアニメに興味を持ってすぐに買った記憶があります。確かSONYが初めて59800円と当時低価格機として発売したモデルでした。

ちなみに初めて買ったアニメLDはこれです。



「レア・ガルフォース」ガルフォースの地球章シリーズです。

90年代はアニメLDをコレクションしていたのでLDには想い入れあります。
DVDが出た当時はすぐにLDは無くならないだろうと思ったんですが、PS2の発売によって一気にDVDに需要が行きLDは市場から消えていきました。

自分が当時買い集めたアニメLDの大半はコレクターの方に売ってしまいましたが、現在でも約500枚近く押入れに眠ってます(笑)。
愛機のDVL-9は現役です。



LDという媒体はVHSしかなかった当時は画期的だったと思います。
今では当たり前のディスクで映像が見れるんですから(笑)。

VHSとベータ・HD-DVDとブルーレイのようにLDにもライバルの規格がありました。何かわかりますか?



これ見て何かわかった人はお見事です。
LDに対するVHDという規格です。LDのパイオニアとVHDのビクターでの規格争いでした。VHDは気づいたら消えていましたね。

1枚貴重なアニメLDを紹介します。



コレクターの間ではガンダムロブスター企画版と呼ばれているLDです。
1982年にロブスター企画という会社から発売されたLDでファーストガンダムの42話と最終話を収録した物です。
ガンダムの映像ソフトを最初に販売したのは、バンダイビジュアルじゃありませんからね(笑)。

レーザーディスクプレーヤー生産終了、残念です。
オーディオのこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。