So-net無料ブログ作成
検索選択
ポータブルオーディオのこと ブログトップ
前の10件 | -

-COWON D3 plenue- [ポータブルオーディオのこと]

COWONから2月11日に発売されましたAndroid OS搭載のデジタルオーディオプレーヤー「COWON D3 plenue」を購入しました。

COWONのオンラインストアから購入です。モデルはパープルの32GBです。

00198.jpg

意外にもしゃれたパッケージングでいいと思います。

00199.jpg

中身を開けるとこんな感じです。
COWONてこんなイメージはありませんでしたね。



本機はAndroid搭載でFLAC形式に対応してるのが購入の動機でしたが・・・

やはりというかなかなか不都合が出たりなんかで悪戦苦闘しています。

全体的な動作もかなり重く、タッチ感度も良くありません。

Wi-Fiでのブラウザにも対応していますが、あまり快適にはできない感じです。

音楽もD3に転送するとアルバムのトラックがおかしくなっていたりとか、CDジャケットが表示されたりされなかったりとかなりストレスあります。

あとは曲が変わる時にノイズが出たりもします。

(もちろん本体アップデートはしたにもかかわらずです)


00200.jpg

ただ音質だけは非常に良いので残念ですね。

もっと基本がしっかりしていればそれなりのDAPになると思うんですが・・・どうでしょうか。



COWON D3 plenueはなかなか手強いです。


-MH audio HA-1- [ポータブルオーディオのこと]

最近購入したポータブルアンプです。MH audioのHA-1というモデルですが、これが非常に良くていい音を奏でてくれます。



前々から発売していたのは知っていたんですが、使っている人のレビューが全然ないのと価格がちょい高いかなと思っていたので購入には至りませんでした。

たまたま立ち寄ったアキバのオーディオショップでセールで売られていたので即購入しました。

本体のカラーはシルバーでスタンダードモデルになります。このMH-1はメーカーのサイトから購入する場合は、各パーツやカラーを選択できるカスタムモデルもあります。

筐体は非常に良く出来ていてアルミの質感が良いです。電池は9V電池を1つ使用します。



ちょうど100時間くらい鳴らしたところで本格的に使用し始めました。ウォークマンNW-A847で聴いてみましたが、音場の奥行きの広さに驚きました。ボーカルもさることながら回りで演奏している各楽器が際立って聴こえるんです。
音の芯が強くしっかりと鳴らしてくれてるのでこれまた驚きましたね。自分の手持ちアンプの中では一番良いんではと思ったくらいです。

そして他のウォークマンではどうなのかと思い試したところNW-A829と組み合わせて聴いてみたところ上記以外にも各音域のバランスが一層増して、さらに良い音で鳴っていると感じました。



NW-A829+ALO SONY Line Out Dock Cable+HA-1の組み合わせが凄い良いです。使用するイヤフォンも高スペックのモデルを使うとより良いと思います。画像にあるイヤフォンはSHUREのSE535になります。とある方から譲って頂いた物で大変気に入っています。

最後にHA-1で一つ気になったところは端子のINとOUTのポジションがちょっと不便なんです。イヤフォン端子を外側でDAPからの端子を真ん中だったら使い勝手良かったのでこの点が自分は気になりましたね。



このアンプはいい買い物したと思いましたね、HA-1のカスタムモデルが欲しくなってしまうくらいです。

そういやSONYのMDR-EX1000はソニーストアで予約しているのですが、今だに入荷連絡来ない状況です。本来なら10月23日到着で予約出来ていたんですがtwitterのフォロアーさんで購入された方で装着感と遮音性が良くないから試聴してから購入した方が良いのではと聞き、自分もその辺が気になっていたので一旦予約を取り消ししています。だからまぁしょうがないんですけどね・・・。

クーポンの有効期限が今月中ですから不安ですね~

最近のアニメも事などを・・・けいおん!!が終わってしまってどうなるんだろうと思ってましたが、今期もなかなか面白い作品がいくつかあります。

自分がいいと思った作品は「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」「ヨスガノソラ」「FORTUNE ARTERIAL 赤い約束」などでしょうか、そして予想外に面白かったのが「侵略!イカ娘」ですね。イカ娘は面白いです。

こう見ると上記の2作品は原作がゲームのもの(俺妹は原作小説ですが今度PSPにてゲーム化します)になりますね、ヨスガノソラとFORTUNE ARTERIALはPCゲームです。両作品ともゲーム版をプレイした人でも違和感なく入り込めると思います。(自分がそうでした)ヨスガノソラは最初ゲーム版とキャラ絵が変わってしまっていて抵抗ありましたが慣れるとそうでもない感じです。凄く丁寧に良く出来ていると思いますよちょっとエロいですが・・・ちょっとどこじゃないか。


今お気に入りのオープニング曲です。FORTUNE ARTERIAL 赤い約束オープニンングテーマです。「絆-kizunairo-色」ボーカルはLiaです。


-新型ウォークマン- [ポータブルオーディオのこと]

はい、また発表されてからしばらく経ちましたが新型ウォークマン発表されました。期待していたXシリーズの後継機はありませんでしたね。

NW-A850シリーズ


基本的にNW-A840シリーズと同じですね。カラーリングブラック・ロゼピンク・ホワイトとなってます。A857はブラックとホワイトのみです。メモリー容量は64GB・32GB・16GBとまぁ普通でしょうか。ソニーストア限定色もなしという・・・。(もうソニースタイルじゃないんですよね~)

NW-S750シリーズ


こちらはデザインも変わりスピーカー付きモデルなどラインナップ豊富ですね、カラーバリエーションも8色にソニーストア限定色もあります。本日7日ですがもう店頭で発売していました。実機もいじってきましたが非常にいいです。操作性良しアルミの質感も良しで良かったです。おそらくこれがいちばん需要あるモデルになるのかな。

NW-E050シリーズ


Eシリーズは変わりましたね。前モデルの売りだったストラップスタイルから普通のシンプルなDAPスタイルになりました。液晶画面も1.4型と大きくなってます。このEシリーズはいいですね、メモリーは4GB・2GBでカラーバリエーションはブルー・ピンク・シルバー・ブラックの4色にソニーストア限定色のスモーキーブラックとなってます。こちらは発売日は10月23日予定となってました。実機をいじった感じではすごくシンプルでやっぱ思っていた以上にコンパクトでした。何かディスプレイに奥行きがあったのが印象ありましたけど。

う~んウォークマンの新型もiPodに続きちょっと拍子抜けな感じです。まぁ気になるのはEシリーズのみでした。
そういやこのEシリーズは当初より発売が延期になってしまいました。どうやら予想を上回る受注があったみたいです。

ソニーストア見てたらNW-X1000シリーズは生産終了となってました。しばらくは発売続けるかと思っていたんですけど残念ですね。ほんとこれで終わらない事を祈りたいです。

-新型iPod- [ポータブルオーディオのこと]

すでに発表されてからしばらく経ってしまってますが、新型iPod発表されました。iPod Shuffle・iPod nano・iPod touchです。iPod classicはそのままで価格が2000円下がりました。iPod classicはなくなるかと思っていたんですが・・・。

iPod Shuffle


前モデルになかった操作ボタンが復活しました。これはいい事だと思います。前モデルだとリモコンでの操作が前提になってしまうので、基本的に社外イヤフォンを使用する事ができませんでした。

iPod nano


まぁリークされていた形と同じでしたが大幅に変わってしまっています。マルチタッチ対応の1.5型ディスプレイを採用しています。本体サイズは前モデルから46%小型化しています。背面にはiPod shuffleのようにクリップが付いています。個人的にはShuffleの新モデルがこれでも良かったんじゃないのかとも思いました。

iPod touch


そして自分が期待していたtouchです。touchも第4世代モデルになります。まずはiPhone 4と同じ解像度のRetinaディスプレイを採用しました。別名は網膜ディスプレイというやつです。 960×640ドット液晶です。

そして本体デザインはiPhone 4と同じようなデザインになるのかと思って期待していたんですが・・・従来モデルと同様なデザインでした。本体の厚さが7.2mmとかなり薄くなっています。側面もフラットな感じになっていますね。

前面と背面にカメラを内蔵していますが、自分は音楽を聴く物にカメラは不要だと思っていますので、正直余計な機能だと思います。


発表は深夜でしたが起きてライブで見ていたにしてはガッカリな感じでした。今使っている第2世代のtouchから買いかえを考えていましたが、従来と変わらないデザインでは買いかえる気は起きませんでした。

今回のアップルの発表を見ていて、ふと思ったのは音楽プレイヤーに力を入れなくなった(見切りつけた?)のかななんて思いましたけど、どうでしょうね。まぁnanoに関しては次期モデルは従来のデザインに戻るだろうと予想していますけどね。

3台まとめて


あと最後にアップルの発表を見ていてポータブル音楽プレイヤーの発表なのに「音質についての事は一言もなし」というのが凄いと思いました。これでバカ売れなわけですからね。

nanoは面白そうなのと、これで最後っぽいモデルなので買うかもしれません。

次は新型ウォークマンですかね。

-ウォークマン NWZ-B152F- [ポータブルオーディオのこと]

最近気になっていたウォークマンです・・・

ウォークマンのオーバーシーズモデル「NWZ-B152F」です。メモリー容量は2GBです。ソニースタイルにて購入。



前モデルの「NWZ-B142F」よりも若干長くなっています。メタリック調のカラーリングも良いですし、デザインも直線的になっていて非常にいいと思います。最初ヨドバシの店頭で実機見て一目惚れでしたね。



今回のこのモデルも重低音ベースのモデルになっています。ただ音質的には普通でしょうか、まぁ楽しく音楽を聴くといったモデルでしょう。もちろんBASSをONでボタン回りが光ります。(これ何気に好きです)ザッピン機能も健在です。



そしてこのモデルでは国内Eシリーズのオプション、クリップがそのまま使用する事ができます。これは嬉しいです。使い勝手が良くなります。



音楽転送ソフトは当然ソニックステージⅤ(X-アプリ)は未対応です。基本的にはD&Dになります。ただMedia Goが本機を認識してくれるので、転送ソフトを使いたい場合はこちらが便利かと思います。

やっぱウォークマンEシリーズはオーバーシーズモデルがデザインいいです。

それにしても国内ではウォークマンの新モデルがなかなか発表されないですね、去年はNW-X1000シリーズ・NW-A840シリーズなど短い期間での発表がありましたが・・・

予想ではアップルのiPodの新モデルが来月上旬くらいに発表あるとされています。(毎年この時期です)ソニーはこれにぶつけてくるんでしょうかね??

ちなみに海外では新モデルが発表されました。

(AV Watch 8/17記事より)
米Sonyは、エントリークラスのウォークマンEシリーズの新モデルを9月より発売する。4GBメモリ内蔵の「NWZ-E353」と8GBの「NWZ-E354」を用意し、実売価格は4GBモデルが70ドル前後、8GBモデルが80ドル前後。



NWZ-E350 レッド NWZ-E350 ブラック 高音質や長時間バッテリ駆動などのウォークマンの特徴を継承しながら、低価格を実現したエントリーモデル。メモリ以外の仕様は、NWZ-E353/E354とも共通で、2型/240×320ドットの液晶ディスプレイを装備し、WMVビデオの再生にも対応する。

 対応音楽形式はMP3/WMA/AAC/リニアPCMで、再生周波数帯域は20Hz~20kHz。5バンドのイコライザも搭載。独自の“クリアオーディオ”技術により音質向上を図っているほか、SenseMe技術により自動的にカテゴリわけされた音楽ファイルをプレイリストとして管理/再生できる。



 また、Content Transfer SoftwareによりPCやiTunesのライブラリから直接音楽やビデオをドラッグ&ドロップで転送できる(DRM付コンテンツを除く)。FMチューナも搭載している。バッテリ駆動時間は音楽再生時で約50時間、ビデオ再生時で約10時間。

国内での販売はないでしょうけどね、ちと物足りないかな~。

-Fiio E7- [ポータブルオーディオのこと]

Fiioの新型ポータブルヘッドフォンアンプ「Fiio E7」を購入しました。
購入したのは発売日です。オヤイデ電気のオンラインストアで予約していて発売日に届きました。



内容物などです。アンプ本体をキズから保護するシリコンジャケットはありがたいです。DAPと背中合わせににてもキズを気にしなくて済みます。



今までのFiioのポータブルヘッドフォンアンプと比べると、すべてにおいて大幅に進化していると思います。
本体を見てまず目に付くのがやはり有機ELディスプレイでしょうか、ポータブルヘッドフォンアンプとしては世界初らしいです。



やはりディスプレイは便利だと思います。アンプの状態を目で確認する事ができますからね。

E7本体の質感はかなり良いです。フロント・リヤ・サイドと良く作られていて高級感あると思います。所有感満たしてくれます。操作ボタン類はサイドにあります。









BASSブーストは3段階でEQ調整できます。ボリュームメモリー機能、キーロック機能と非常に便利な機能あります。USB DACにもなります。

音質についてはFiio E5から比べると格段に進化しています。解像度と中音域~低音域の鳴りはなかなか良いと思います。ただEQをいじらないとあまり楽しめる音にはならないかな~とも思いました。若干味付け甘いのかもしれません。ウォークマンだとEQ2でiPodだとEQ3が低音好きの自分には合います。



ちょっと思ったのは値段が若干高いような気もします。ヨドバシカメラでは15800円くらいします。オヤイデのオンラインストアは12600円でした。個人輸入だと8000円くらいで買えます。(妥当かな)

まぁこんな感じです。残念なところはヘッドフォン端子と入力端子が同面にないことです。これはちょっとやっかいですね、自分はDAPはポケットに入れて使うのがほとんどなので、使い難いと感じました。
それから個体差あるかもしれませんが充電完了表示があいまい?な感じがします。

それから先日Ultimate earsのUE18Proをオーダーしました。届くのが待ち遠しい日々を送っています。届いたら記事にしたいと思います。

さらにすでに知ってるかと思いますが水樹奈々が今週6月17日の「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「新・食わず嫌い王決定戦」にゲスト出演されます。対戦相手はジェジュンです。もの凄く楽しみです。要録画!!


-ウォークマン故障- [ポータブルオーディオのこと]

長らくウォークマンを使っていますが、先日メモリーウォークマンでは初めて故障して修理に出すという事になりました。

故障した機種はNW-A847/Vになります。
症状は1週間くらい前からWM-PORTでPCと接続してもまったくの無反応で、リセットしても起動時のウォークマンロゴが表示されるだけでまったくの無反応なんです。

こうなってはさすがに修理に出すしかないかなと思いソニーのカスタマーセンターに電話したんですが・・・

自動音声による応答であちらこちらへと・・・

VAIO・αシリーズ・サイバーショット・カーナビ・映像音響関係とあるんですがウォークマンがないんです。なんかその他扱いでした。

それでやっとオペレーターに繋がって直接会話かと思ったら「これからいう電話番号に問い合わせて下さい」との事・・・結構カチンときてしまいましたよ。

そして言われた番号に掛けて、また自動音声を経てやっとオペレーターに繋がりました。

ソニーのカスタマーは、はっきり言ってわかり難いと思います。いろいろ言われるのもわかったような気がします。

オペレーターに故障の症状などを伝えて着払いでの発送となります。

5月24日に送って修理完了して到着したのが6月1日でした。

問題の故障原因は「メインボードの故障」という事でした。本体を新品交換ではなくメインボードを交換したとなってますね。シリアルNoも同じでした。


以前にiPod touchが故障した時に記事にしましたけど、アップルとの対応の差を感じてしまいました。iPodが故障した場合はすべてメールでのやりとりで、運送業者が自宅まで故障品を取りに来てくれて発送するシステムで非常に楽でした。しかも2日後には新品が送られて来ます。

まぁこんな事がありました。

そして次は問題の「x-アプリ」です。結局バージョンアップしても変わらずで安定しません。固まる事もありますしもう使ってられないとなりソニックステージⅤにダウングレードしました。

ダウングレードと言ってもソニックステージは正規には出来ないので、かなり自分なりに強引にした感じがあります。取り込んだ曲は悪戦苦闘のすえ戻す事が出来ました。ただ曲情報の一部が欠損してしまい戻すのが大変でした。プレイリストと歌詞ピタは全部消えてしまいました。

まぁ今のところ非常に安定していて重くなる事もないので大丈夫かな~。

なんか散々・・・。

-ALO Rx ampとCryo SXC 18G Dockケーブル- [ポータブルオーディオのこと]

ポータブルヘッドフォンアンプとiPod用のDockケーブルを購入しました。

購入したヘッドフォンアンプはALO audioから発売されている「Rx amp」というモデルです。



去年の10月に発売したモデルでサイズが64W×107H×12.7Dmmという非常にコンパクトなモデルです。同梱物は説明書・充電アダプター・DAP固定バンドとこれだけです。

実は某オンラインショップで並行輸入品という事でセールしていたので購入しました。並行輸入品ですが保証もありますし、充電アダプターも国内対応の物が付くのでお買い得だったと思います。あとALO Mini3の電池持ちが悪すぎるのでこれが欲しかったというのもあります。

でALOのアンプを買ったからには、ALOから発売されているDockケーブルも欲しくなったりするのです。ただALOから発売されているDockケーブルはべらぼうに高い訳で・・・

ネットで探し回っていたら2万を切る値段で売ってるとこを見つけて購入しました。Cryo SXC 18GというiPod用のDockケーブルです。



オーディオトラックスのパッケージなんですね。ヨドバシで見た時は袋に入ってるだけでしたが。



ミニプラグはスイッチクラフト社のゴールドプラグを使用してます。ケーブルには単一クリスタル銅線を使用していて銀メッキが施されています。各ケーブルは透明ポリエチレンでコーティングされています。作りは非常にしっかりしていると思います。

早速使用してみた感じは、今まで使っていたDockケーブルとは違います。音の深みが一層増すと言った感じでしょうか。低音の鳴りが力強く、聴いていて演奏している各楽器の音も際立って聴こえます。

このケーブルには満足ですが値段が高すぎるかも・・・。

当然このアンプとケーブルはウォークマンでは使用しません。iPod touch専用で使いたいと思います。X1060を買ってからまったく放置状態だったiPod touchを出して起動します。おそらく10ヶ月ぶりかな。



iPod touchとほぼ同サイズなので、組み合わせは抜群で携帯性にも優れています。もちろんウォークマンでも使用は可能です。

X1060の場合


持ってる方ならおわかりですね。X1000シリーズはHOLDボタンが本体後面にありますので・・・きついかな。

A847の場合


まぁ特に問題ないと言った感じでしょうか。

Rx ampの音質についてはウォークマンNW-S638Fにて使用してみた感じです。(iPod使用でのレビューはたくさんあるので!!)聴き出した瞬間から低音から高音まで全域に渡ってバランス良く鳴ってる感じがします。特にギターやドラムの鳴り方が非常に良いです。「God Knows...」を聴くと特に綺麗に前に出過ぎない程に良く鳴ってます。凄くいいですよこの感じ。

ALO Mini3よりも格段に音質向上していると思います。
あと何でX1060やA847でのレビューじゃないの?と思った方いると思いますが、自分の聴いてみた感じだと「S-Master」の影響かわかりませんが高音域のキレが目立って聴き疲れる感じがしました。低音が引っ込みすぎで物足りなく鳴らす感じなんです。

自分の意見ですがALOのMini3とRx ampはsonyのデジアン搭載機とは合わないと思います。逆にデジアンなしのモデルと合わせると格段に音質の違いを実感できると思います。

そういやNW-X1060BI(アイスブラック)はすでに生産終了なんですね、知らなかった。


赤で揃えてみたり。

-初代ウォークマン TPS-L2- [ポータブルオーディオのこと]

タイトルのとおりSONYが1979年7月1日に発売したウォークマンTPS-L2です。ウォークマンのファーストモデルですね。

ひょんなとこから入手です。友達の親父さんが家を掃除していたら出てきた物で、友達がSONY好きな奴がいるよと言ったら頂く事ができました。



見てわかった方はいるでしょうか?
本体に「WALKMAN」のロゴがありません。本当の初期ロットの物です。このTPS-L2の初期ロットモデルにはWALKMANのロゴがないのです。



サイドのボタン類です。再生・早送り・巻き戻し・停止とカセットのイジェクトボタンとあります。
スライド式の物は左右独立で調節可能なボリュームツマミです。
端っこにあるのはMICの集音部です。



本体上面です。ヘッドフォンジャックは2つあり2人で音楽を聴く事が可能です。そしてやけに目立つオレンジ色のボタンがHOT LINEボタンという物で、何とこのボタンを押すと音楽のボリュームが下がり、先ほどのMIC集音部から周囲の音を拾ってヘッドフォン越しに会話できるという物です。

この機能は凄いですね、まさかウォークマンのファーストモデルにこんな機能があるとは驚きました。



電源はACアダプターと単3乾電池です。ACアダプターはないので単3電池入れます。まさかeneloopが入る事になるとは、このウォークマンも思ってなかったでしょう。向きを同じに入れるところが年代を感じさせます。

さて次は再生する音楽です。もちろんX-アプリ起動してWM-PORTに繋げてとはいきません。カセットですからね。



押入れから昔まんだらけで買ったマクロス愛・おぼえていますかのカセットを出してきて本体デッキに入れます。再生する事を願いたい・・・



LISTENボタンを押します(再生はPLAYではないんです)・・・・
内部での駆動音は確認できますがテープが回りません、予想していましたがリールのベルトが経年変化で切れてしまってると思います。残念。

地元にある良く行くSONY提携の電気屋さんがあるので、聞いてみたらベルト切れは簡単に修理できるとの事です。
店主さんがTPS-L2をぜひ見たいとの事なので近い内にお店に行こうかと思ってます。音鳴ればいいですけど。



本体には専用のケースが付いてます。本皮製かな。



カバー閉めると結構いい感じですね。

このTPS-L2は書籍などでは見た事ありましたが、今回初めて手に取ってみた感じでは、意外にも小さいし軽いと思いました。
ファーストモデルですし相当な大きさと重さがあるかなと思っていました。本体はPCエンジンGT!?くらいあると思ってましたけどね。



最後にこの2台を並べるのはお約束という事で。
(ウォークマンクロニクルがなかったら記事にするの難しかったかも)

-CDウォークマン復活と消失- [ポータブルオーディオのこと]

ここ最近CDウォークマンを使用する機会が増えました。
理由としてはedition8を使用した時の音質が素晴らしいのです。
まぁCDを聴いてるのだからメモリーウォークマンとの音質の差は当たり前なんですが・・・。

自分が持っているCDウォークマンは以前記事でも紹介したSONYの「D-E01」です。



外でも使おうと思いガム型充電池と専用の充電器も購入して(本体からの充電だと約5時間、充電器だと1時間で済むのです)いざ充電完了して外で!!となったのですが・・・充電池では動作せずでした。

ACアダプターと乾電池だと問題なく動作するのに・・・このモデルは非常に気に入ってるので修理に出しました。
生産終了してから7年経過してるので、店員さんが言うには修理不能の可能性が高いとの事です。

ウォークマン20周年記念モデルでもあるので復活を祈りたいです。

現在SONYはすでにCDウォークマンの生産を終了しています。
最後に発売したモデルは2005年10月に発売した「D-NE830」というモデルです。



現在はまだショップで見かけると思います。
最終モデルという事とD-E01よりも薄いし軽量なので購入しました。
価格もメモリーウォークマンに比べて全然安いです。



アルミ筐体が非常に良いです。もちろんデジアン搭載で音質も良いです。
バッグなどに入れて歩きながら聴いていても音飛びもしません。
外出先でCD買った時やアマゾン購入で職場配送した時にすぐに聴けるので、今非常に重宝しています。

まぁ今回、自分の中でCDウォークマン再熱したのでちょっと調べてみました。まず気になるのは「音質が一番いいCDウォークマンは?」となります。
オーディオマニアの方達が言うにはSONYがAIWAブランドで発売した「XP-ZV10」というモデルが非常に高音質で最高じゃないかと言っていました。光デジタル出力も付いています。



2005年の3月発売です。生産と販売期間が短かったモデルみたいです。自分は地元の家電ショップを探してみたんですが、ありませんでしたね。XP-ZV700なら在庫残ってるショップありましたが・・・。

あと気になったのは「史上最薄・最軽量モデルは?」です。
どうやらSONYの「D-NE20」というモデルです。



スペック見たら外形寸法(幅×高×奥)が127.0×132.5×13.1で、本体のみの重量が116gなので凄いですね。このモデルも今欲しいんですけど2004年発売モデルだから見つからないだろうな~。

お持ちの方でもう使ってなくて完動品なら、ぜひアルワまで連絡を。
以上の2モデルただ今高価買取中ですよ(笑)。

最後に昔オーディオ雑誌で読んだんですけど、現代の技術を結集して販売時のコストを無視した場合。「CDケースと同サイズ」のCDウォークマンを作る事が出来るそうです。凄いですよねまさに理想なサイズなんですけどね。

皆さまもどうですか?CDウォークマンいいですよ。


もう一つ最後に。本日から公開された「涼宮ハルヒの消失」見てきました。
自分は原作読んでなく、消失ってどんなストーリーなのか知りませんでしたが、非常に丁寧に作られていて面白かったです。
上映時間が約2時間半あるのですが、時間を忘れて見る事ができましたね。

とにかくもう長門がね・・・長門が・・・・。
長門ファンは見なけりゃダメでしょう。



グッズはパンフとタンブラーだけ買いました。
小さいのは先着特典のメモパッドです。
パンフの中にマウスパッドシールも入ってました。
前の10件 | - ポータブルオーディオのこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。